佐佐木信綱

佐佐木 信綱(ささき のぶつな、1872年7月8日(明治5年6月3日) - 1963年(昭和38年)12月2日)

日本の歌人・国文学者。正三位勲六等文学博士。

 古典文学の研究や註釈、復刻に力を尽くし、更級日記の藤原定家写本の綴じ違えの発見などに業績を残した。

岩波文庫『新訓 万葉集』、『新古今和歌集』等の編者。万葉集の諸写本を結集した「校本萬葉集」の編集にも尽力した。

 

略年譜

三重県鈴鹿郡石薬師村(現鈴鹿市石薬師町)にて歌人佐々木弘綱の長男として生まれる。

父の教えを受け5歳にして作歌。

1882年(明治15年)上京。

1884年(明治17年)東京帝国大学文学部古典講習科に進む。

1890年(明治23年)父と共編で『日本歌学全書』全12册の刊行を開始。

1896年(明治29年)森鴎外の『めざまし草』に歌を発表し、歌誌『いささ川』を創刊。また、落合直文、与謝野鉄幹らと新詩会をおこし、新体詩集『この花』を刊行。

歌誌『心の花』を発行する短歌結社「竹柏会」を主宰し、木下利玄、川田順、前川佐美雄、九条武子、柳原白蓮、相馬御風など多くの歌人を育成。国語学者の新村出、翻訳家の片山広子、村岡花子、国文学者の久松潜一も信綱のもとで和歌を学んでいる。

『思草』をはじめ多数の歌集を刊行。

1934年(昭和9年)7月31日、帝国学士院会員。

1937年(昭和12年)第一回文化勲章を受章、帝国芸術院会員。御歌所寄人として、歌会始撰者でもあった。その流れで貞明皇后ら皇族に和歌を指導している。

1952年(昭和27年)上代文学会の設立に関わり、学会誌『上代文学』創刊号に祝辞を寄せる。

1963年(昭和38年)急性肺炎のため死去。墓所は東京谷中霊園の五重塔跡近くにある。

三男の佐佐木治綱も歌人だったが、父に先立ち1958年(昭和33年)に病没。孫の佐佐木幸綱も歌人で活動している(元編集者で、治綱の息子)。

 

 

作品

 

佐佐木信綱十五首   藤島秀憲選


鳥の声水のひびきに夜はあけて神代に似たり山中の村    『思草』

 

願はくはわれ春風に身をなして憂ある人の門をとはばや

 

幼きは幼きどちのものがたり葡萄のかげに月かたぶきぬ

 

よき事に終のありといふやうにたいさん(ぼく)の花がくづるる  『新月』

 

ゆく秋の大和の国の薬師寺の塔の上なる一ひらの雲

 

万葉集巻二十五を見いでたる夢さめて胸のとどろきやまず  『銀の鞭』

 

うぶすなの秋の祭も見にゆかぬ孤独の(さが)を喜びし父     『常盤木』

 

山の上にたてりて久し吾もまた一本(いつぽん)の木の心地するかも   『豊旗雲』

 

白雲は空に浮べり谷川の石みな石のおのづからなる     『鶯』

 

(もと)の柿の()の間の夕空の浅黄に暮れて水星(すゐせい)は見ゆ     『椎の木』

 

春ここに生るる朝の日をうけて(さん)()草木(さうもく)みな光あり     『山と水と』

 

ものぐさのあるじ信綱あさなさな庭におり立つ石南花さけば

 

人いづら吾がかげ一つのこりをりこの山峡の秋かぜの家

 

(たか)(むら)のかげに枯葉をたくけぶり竹群の中に入りて真白し   『秋の声』

 

花さきみのらむは知らずいつくしみ猶もちいつく夢の(この)()を 『老松』